はなまるな家とは

同業者が「あなたの会社で家を建てたい」と言ってくれる自然素材を使った、気持ちいい家を作ります!

いい家とは?

「いい家」とは、どんな家でしょうか?ブランド好きの人にとっては、大手ハウスメーカーで建てた家ということかも知れません。また、構造がしっかりしているとか、デザイン性が高いとか、家が温かいとか、内装に自然素材を使っているとか・・・

この「いい家」の価値判断は、人それぞれ違うと思います。

悪質な業者は未だにいて、あからさまな手抜き工事をたまに見受けることもありますが、まともな業者なら、よほどでない限り、今どき、住宅ローンが終わらないうちに壊れるような家はないと思います。

ハウスメーカーに頼めば、宣伝広告費、営業経費、住宅展示場などの経費が掛かっている分、工務店に頼むより総額で30%程度は高くなると思いますが、それはブランド代ということになると思います。設計事務所に頼む場合は、設計料として総額に対して10%程度は高くなると思いますが、それはデザイン代です。

構造や断熱は、それほど高くない

耐震性を強化したいという場合は、柱や梁といった構造材にお金をかけることになります。工法にもよりますが、建物代のうち構造材に占める割合は、総額の20%程度です。その金額に何%かを加算すれば良いので、構造強化は比較的安くできます。

温かい家にするには、断熱材を厚くしたり、品質を良くしたりする必要がありますが、こちらも、断熱材価格が数%アップするだけで、事足ります。ただし、温かい家にしようと思うと、気密性を高くする必要があるので、工事の腕も関係してきます。

自然素材の採用も、数%の差額

床を無垢フローリングにしたり、壁や天井を塗り壁にしたりと、内装を自然素材に変更しても、構造材や断熱材と同様に差額で考えれば、自然素材の採用は難しくないのです。

合板とビニールが、ふつうの家

ハウスメーカーが作るブランド住宅も、設計士がデザインするデザイナーズハウスも、地元工務店が作る普通の家も、ほとんどの場合、床は合板フローリングで、壁や天井はビニールクロスです。

目や体に触れる素材が、すべて工業製品で出来ていて、果たして「本当にいい家」と言えるのでしょうか?家の中の空気は、家が作っています。雰囲気というのも、内装材が作るわけです。人は、人生の80%の時間を室内で過ごしますが、健康的で気持ち良い「空気」や「雰囲気」を、合板フーリングとビニールクロスが作ってくれるというのでしょうか?

自然素材も、高望みではありません

でも、自然素材は高くって、私には手がでない。無理。とお考えではないでしょうか?
そんなことはありません。

新建材だって、タダではりません。

それは、床すべてを無垢フローリング、壁・天井すべてを塗り壁に、ということであれば、100万、200万単位で差額が発生すると思いますが、1室だけ無垢フローリングとか、寝室と子供部屋だけ塗り壁に、ということであれば、少しの差額で自然素材に変更することが可能です。

また無垢材フローリングとか、塗り壁といった自然素材の素晴らしさと同時に、素材特性をキチンと理解しておけば、メンテナンスが大変といったことで頭を悩ませる必要もなくなります。

一般の工務店やハウスメーカーが、お客様に自然素材をあきらめさせようとするのは、反ったり割れたり、汚れたり、傷ついたりといった自然素材特有の特徴を説明できなかったり、クレームが面倒という点が強いのです。

欲しい気持ちを我慢してませんか?

床を無垢フローリングにしたい。壁を塗り壁にしたいという希望はあっても、「欲しいと言ってはいけない」と思っていませんか?言うと高くなるし、自分には無理だからと、「あきらめる理由」を探していませんか?

しかし、そんな必要はありません。

差額で考えれば、実現できます。「無垢は高いですよ」とか「メンナンスが大変ですよ」という言葉を鵜呑みにしてはいけません。

選んで使えば、無垢も高くないし、メンテナンスだって難しくありません。それ以上に、無垢材フローリングや、塗り壁の気持ちよさとか、豪華さ、美しさの方が、より価値があると思います。

自然素材を使って、気持ちいい家

内装全部を自然素材にするというのは無理でも、1部屋だけとか、部分的に自然素材を取り入れた家づくりというのは、可能です。

真柄工務店が提案する「企画住宅」は、「CUBE」「CUBEプラス」「CUBEナチュラル」の3種類。外観はシンプルですが、内装にはこだわっています。一番スタンダードな「CUBE」でも、床は全て無垢フローリング、壁、天井は全てパーフェクトウォールです。

それで価格は、35坪の家で、坪55万円です。その金額に、家具、カーテン、照明器具以外は全て含まれています。あれも別、これも別といったインチキは一切していません。

内装以外に関しては、標準的な「普通の家」です。ただ、普通と言っても別に安物という意味ではありません。標準的なご予算の方が、普通に選ばれている仕様だということです。

合板フローリングと、ビニールクロスを「普通ですよ」と言っているのとは、訳が違います。合板フローリングは、所詮、接着剤で張り合わせた偽物のフローリングです。またビニールクロスも、本物の布クロスに似せた偽物です。

真柄工務店では、普通のご予算で、本物の自然素材を取り入れた家に住んで頂きたいと思っているのです。

無垢材の床は、合板よりもキズが付きやすいです。しかし、「キズは家族の歴史と思い出」だと考えています。それに、無垢なら直そうと思えば表面を削ることだって出来ます。

豪華なキッチンや、豪華なお風呂よりも、無垢フローリングや、塗り壁の豪華さと気持ちよさをお伝えしたいと思っているのです。自然素材は呼吸します。そして、室内の湿気を調整してくれ、気持ちいい空間にしてくれるのです。

設備だって、手を抜いていません

上を見ればきりがありませんが、ハウステックの、標準的なものをセットさせて頂いています。お風呂は1坪ですし、キッチンも2,550巾のI型です。もし、変更を希望されるのであれば、ご希望の機種との差額だけ負担して頂ければ、どんなものにでも変更が可能です。

  • 2550巾のI型キッチンの例
  • 1坪サイズのお風呂の例

家作りは、バランスです。どこに予算を使いたいのか? それは、各ご家庭の優先順位で決定すればいいのです。

自然素材には興味ないという方は、合板フローリングとビニールクロスでもいいと思います。しかし、「本物の価値と魅力」をお知りになったら、きっと自然素材を使いたいと思われると確信しています。

資料をご請求ください

我々真柄工務店は、自然素材を使った、気持ちいい家をご提供したいと考えています。しかし、営業は苦手ですし、しつこい営業はしたくないと考えています。資料をご請求頂いても、電話をしたり、しつこく訪問したりということも一切しておりません。

実際には、少人数でやっていますので、そんなこと出来ないというのも事実です。我々真柄工務店の家づくりに興味を持って頂ける方は、無料で差し上げられる資料をご用意していますので、気軽にご請求ください。

資料をご請求頂いても、しつこい営業はしませんので、ご安心ください。

無料資料のご請求はこちら!


 

まずはお気軽にご連絡ください

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

メールセミナー 全7回:無垢材と塗り壁で自然素材を使った家を、無理なく手に入れる方法。

お名前
お住まい
メールアドレス

詳しくはこちら!

  • 真柄工務店
  • 社長の真柄です
  • 失敗しない家づくり
  • はなまるな家とは
  • 外断熱の家の魅力
  • 工務店のリフォーム
  • 施工事例
  • 本物の自然素材
  • お客様から頂いた声
  • 会社概要
  • 真柄工務店のスタッフ
  • 自慢の職人さん
  • しっかりした仕事の証
  • イベント・お知らせ
  • 真柄工務店ブログ
  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

お客様の声

  • S様
    (東京都西東京市)

  • S様
    (西東京市向台町)

  • S様
    (西東京市南町)

  • S様
    (東京都東久留米市)

  • 日野様
    (東京都羽村市)

  • T様
    (東京都東久留米市)

真柄大介  facebook

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス